あちこちに症状がでる辛いヘルペスとは

あちこちに症状がでる辛いヘルペスとは

帯状疱疹について

ヘルペスという病気を聞いたことはないでしょうか?
ヘルペスとは、ヘルペスウィルスと呼ばれるウィルスの一種によって引き起こされる症状を指します。
代表的なのは、水ぶくれができる症状です。
ヘルペスですが、ごくごくありふられた病気と言われています。
20〜30代で半数の人が感染してしますし、60代以上になると感染していない人を見つけるのが難しいとも言われているほどです。
ヘルペスですが、さらにいろいろな症状に分類することができます。
メディアなどで取り上げられることもありますが、帯状疱疹もヘルペスの症状の一種と言えます。
帯状疱疹とは、お腹から背中にかけて広範囲に、水ぶくれの症状が起きることを指します。
帯状に水膨れができるので、帯状疱疹と呼ばれています。
体の左右のうち、いずれかに現れるのが代表的な症状と言われています。
また疲労などで抵抗力が低下している状態になると症状が深刻化して、水ぼうそうに近いような感じになってしまうこともあります。
ヘルペスウィルスの感染によってもたらされるのですが、ウィルスは神経を通ります。
このため神経が刺激を受けて、チクチクとした痛みを伴うのが一般的です。
最初痛みが起きて、数日経過するとその部分が炎症を起こしたかのように赤く変色します。
そして最終的には水ぶくれが起きるとされています。
先ほども紹介したように、帯状疱疹はお腹から背中にかけて現れるのが最も多い症状です。
しかしその他でも症状が出てくることもあって、おしりの部分や手足、顔に症状が現れると言ったケースも報告されています。
通常は水ぶくれになってしばらくするとかさぶたのようなものができます。
そして徐々に快方に向かっていきます。
チクチクとして痛みを感じてからかさぶたができて症状が治まっていくまでに、短い人で3週間程度、長いと1カ月程度続くと言われています。
ちなみに症状がある間は痛みを感じることが多いですが、かさぶたになるに従って、痛みも緩和されるのが一般的です。
しかしまれに皮膚の症状が治まった場合でも、痛みが続くようなケースもあります。
この病気を帯状疱疹後神経痛と言います。
帯状疱疹後神経痛ですが、中には帯状疱疹が原因の皮膚症状が治まった後、かなりの期間痛みが続くケースもあります。
そのような場合には、早めに医者の診察を受けるようにしましょう。
そうすれば、痛みの緩和をするためにさまざまな治療を施してくれるはずです。

オススメワード