あちこちに症状がでる辛いヘルペスとは

水ぼうそうについて

水ぼうそうは比較的メジャーな感染症で、名前は聞いたことがあると言う人も多いでしょう。
水ぼうそうですが、ヘルペスウィルスに感染することによって発症する症状を指します。
ヘルペスウィルスの含まれている水膨れを直接触ってしまう、水ぼうそうに感染した人の近くにいて、せきやくしゃみをされることによって、感染する可能性があります。
ちなみに水ぼうそうの原因となるヘルペスウィルスは、強い感染力を有していると言われています。
このため、集団生活をしている保育園や幼稚園で一人の子供が水ぼうそうを発症すると、園内で流行する可能性もありますので注意しないといけません。
水ぼうそうの症状ですが、子供と大人とでは現れ方が違ってくると言われています。
まず発熱を起こします。
その上で、全身に発疹が現れて、激しいかゆみを伴うことになります。
そして発疹から水ぶくれの状態になって、膿疱ができ、かさぶたになっていくのが一般的なパターンです。
全身の発疹がかさぶたになるまでには、症状が顕在化してから1週間程度かかると言われています。
通常は1〜4歳の内に水ぼうそうを発症することが多く、たいていの子供は9歳ごろまでには罹患すると言われています。
水ぶくれの状態になっている時が、最も感染力が強い状態になっていると思って下さい。
かさぶたの状態まで行くと、感染力はほぼなくなっていると思ってもらって問題はありません。
まれに子供のころに水ぼうそうにかからずに、大人になってしまうことがあります。
もし大人になってから水ぼうそうに罹患すると、最初の内は水ぼうそうにかかったという自覚症状は現れにくいです。
倦怠感やニキビなどの症状が多く、少し疲れているくらいにしか思わない人も多いです。
しかしその後本格的な症状が現れるのですが、子供と比較すると重症化する傾向がありますので注意しないといけません。
高熱が出ますが、子供と比較するとより高熱になる傾向があります。
また水ぶくれができるのは一緒ですが、子供と比較するとより激しいかゆみを伴うことが多いと言われています。
まれにですが、肺炎や肝炎を併発することもありますので、注意しないといけません。
また妊娠中の女性が、水ぼうそうにかかる可能性もあります。
この場合には、胎児に深刻な影響が出てしまうこともありますので、問題です。
場合によっては、胎児が失明した状態になってしまう可能性もありますので、水ぼうそう対策は慎重に行わないといけません。

オススメワード