あちこちに症状がでる辛いヘルペスとは

口唇ヘルペスとは

風邪を引いて体調を崩した時に、口元にできものができて悩んだ経験を持っている人はいないでしょうか?
また風邪をひかなかったとしても、少し疲れがたまっているとか仕事で忙しい時に、口元に水膨れのような症状が出たことがある人もいるかもしれません。
このような症状のことを、口唇ヘルペスと言います。
口唇ヘルペスはヘルペスウィルスと言うのがあるのですが、こちらに感染をすることによって起きる症状を指します。
口唇ヘルペスは、風邪の華とか熱の華と言った言葉で紹介されることも多いです。
口唇ヘルペスですが、わりと日本人にはなじみのある病気です。
口唇ヘルペスという病名を聞いたことがないという人は多いかもしれませんが、かかったことがある人は多く、日本人だけでも10人に1人は感染した経験があると言われています。
口唇ヘルペスの特徴として、まず口元が赤く変色をします。
そして数日経過すると、口元のところに小さな水ぶくれの症状が現れるのが一般的です。
ちなみに感じる症状としては、むずむず感があったり、ピリピリとした痛みを感じたりすることが多いです。
なかには、口唇ヘルペスができている個所の皮膚にほてりを感じると言う人もいます。
ちなみにそれほど症状があらわれたとしても深刻にとらえることはないでしょう。
そのままにしておいても、水ぶくれの症状は2週間程度も経過すれば、治癒してしまうことが多いです。
かさぶたになってくれば、治りが進んでいる証拠と思って下さい。
口唇ヘルペスですが、30代にもなると半数くらいの人が感染していると言われています。
それ以下の世代になってくると、感染者が少なくなると言われています。
ちなみに高齢者になるとほとんどの人がウィルスのキャリアになっていると言われています。
通常は子供の頃、親との接触の中で感染することが多いと言われています。
患部に触るとか唾液を介して感染するパターンが多いです。
子供のころに感染した場合には、それほど深刻な症状になることはありません。
しかし成人するまでに感染することがなくて、大人になってから感染した場合には、重症化してしまうこともあります。
口唇ヘルペスが年に2回くらいのペースで症状が出てくると言う人もいるでしょう。
このような繰り返し口唇ヘルペスを発症している人は、ウィルスに感染していると考えられえます。
免疫力がダウンしている時に再発を繰り返していると判断できます。
風邪をひくとか、ストレスが過剰に溜まっていると症状が現れやすくなります。

オススメワード