あちこちに症状がでる辛いヘルペスとは

ヘルペスをうつさない

ヘルペスと言うのは、ヘルペスウィルスと呼ばれるウィルスによって感染する感染症の一種です。
もし自分がウィルスに感染してしまったのであれば、他の人に移さないように注意することが重要です。
ヘルペスに感染すると、水ぶくれのような症状が現れます。
水ぶくれの症状が出ている時は、最も感染しているウィルスの量が多くなってきている状態なのです。
つまり他人への感染力も高まっています。
そこでもし患部を触ってしまったのであれば、しっかりと手洗いをすることを心がけて下さい。
ちなみに水ぶくれの症状が出ると、それをつぶしてしまいたいという誘惑にかられる人もいるかもしれません。
しかし絶対につぶさないようにしましょう。
患部をつぶしてしまうと、症状が治癒するのが遅れてしまいます。
また最近感染をするとか、傷跡が残ってしまう可能性もあります。
ヘルペスに感染をしているのであれば、セックスをすべきではありません。
パートナーにヘルペスウィルスを移さないようにするためです。
性器ヘルペスではなく、口唇ヘルペスであればいいのではないかと思っている人もいるかもしれません。
しかしオーラルセックスをしている時に、性器にヘルペスウィルスが感染してしまうこともあります。
パートナーがウィルスに対する抗体を持っていないと、感染することで重症化してしまう可能性があります。
またキスなどもすべきではないと思って下さい。
唾液の中にヘルペスウィルスが混ざっている可能性があり、キスすることで唾液を介して相手に感染させてしまう可能性があります。
また予防をする意味では、コンドームを付けてセックスをする習慣をつけることも大切です。
また赤ちゃんはまだ免疫機能がきちんと発達していません。
このためヘルペスウィルスに赤ちゃんが感染してしまうと、重篤化してしまう危険性があります。
そこで例えば親が口唇ヘルペスの症状を持っているのであれば、キスなどは絶対にしないようにすべきです。
またもし患部を直接手で触ってしまった場合には、まずきちんと手洗いをしてから、赤ちゃんに接触しましょう。
またウィルスは同じタオルなどを使うことによって、感染してしまう可能性もあります。
他にもコップやグラスなどを回し飲みで共用することによって、感染する可能性もあります。
そこでヘルペスの症状が出ている人と同じものは使わないようにすることも徹底しましょう。
とにかくヘルペスウィルスを持っている人とは接触を極力避けることが重要です。

オススメワード