あちこちに症状がでる辛いヘルペスとは

ヘルペスの治療

もしヘルペスウィルスに感染してしまった場合、どのように対処をすればいいのでしょうか?
医療機関に行けば、ヘルペスの治療を施してくれます。
ヘルペスの治療ですが、症状を消すことはできます。
しかし現代の医学レベルを持ってしても、ヘルペスウィルスを完全に排除することはできないと言われています。
ちなみにヘルペスの症状は水ぶくれなどが代表的なのですが、このような症状が出れば、早めに治療を始めるようにしましょう。
そうすれば、治療の効果が高くなり、しかも症状が軽い状態で治癒することができるようになります。
一般的にヘルペスウィルスに感染してしまった場合には、抗ウィルス役と呼ばれる薬剤をつかって、治療を施すのが一般的です。
外用薬並びに内服薬を使って、適切に処置をしていきます。
ヘルペスウィルスに感染した人の中には、全身症状が出るなどの重症化してしまうケースもあります。
またもともと免疫不全の人であると、症状が悪化しやすくなる傾向があります。
そのような場合には、抗ウィルス薬を点滴によって投与することもあります。
継続して薬剤の投与をする必要があるので、入院をすることもあります。
また抗生物質の服用が求められるケースもあります。
抗生物質を服用させることで、ウィルスの二次感染を予防する効果が期待されています。
ちなみにヘルペスウィルスの完全排除をすることは難しいです。
しかし薬を使って、ヘルペスウィルスが増殖して、症状が再発しないように対処することは可能です。
もし再発の前兆を感じたら、早めに病院に行って、適切な治療を受けることが重要です。
また日本では最近、再発抑制療法というものが適用になりました。
再発抑制療法とは、抗ウィルス薬を毎日少量服用していきます。
このようにすることで、再発のリスクをゼロにはできませんが、低下させることが可能になります。
特に性器ヘルペスの治療法としてはポピュラーで、全世界50カ国以上で、再発抑制療法が使われています。
こうすることで、性器ヘルペスの再発を防ぐことができますし、パートナーがいる場合には、パートナーにヘルペスウィルスの感染をさせるリスクも低下することが可能です。
ちなみに再発抑制療法は、頻繁にヘルペスを再発する人を対象にして、治療が実施されています。
年に6回以上ヘルペスの症状を再発すると言う人は、再発抑制療法を受けることをお勧めします。
泌尿器科や産婦人科が対応をしてくれますので、相談してみましょう。

オススメワード