あちこちに症状がでる辛いヘルペスとは

口唇ヘルペスの注意点

口の周辺に水ぶくれが起きた場合、口唇ヘルペスを疑ってみる必要があります。
しかし水ぶくれの症状ですが、他の感染症や皮膚疾患でも起こる可能性があります。
このため、口元に水ぶくれのような症状が起きたとしても、それがすぐ口唇ヘルペスになるかと言うとそうではないということを認識しておきましょう。
ちなみに口唇ヘルペスに似ている別の症状には、以下のようなものがあります。
例えば、口角炎と口唇ヘルペスは似ています。
口角炎とは、唇の端の所にただれやひび割れのような症状が起きる疾患を指します。
口を開ける時に痛みを感じることが多いです。
細菌に感染をしているとか、唇を舐める習慣がある人に起こりやすい症状と言われています。
その他にも、ビタミンや鉄分が不足している時に症状が現れると言われています。
接触性皮膚炎も口唇ヘルペスに似た症状を引き起こすことがあります。
赤い斑点や小さな水ぶくれが口の周囲にできる症状を指します。
かぶれた状態で、かゆみを伴うことが多いです。
特定の物質に対してアレルギー体質を持っている人が起こしやすい疾患で、一種のアレルギー反応と言えます。
アレルギー反応の症状としては、固定薬疹も口唇ヘルペスと混同する可能性の高い症状です。
これは特定の抗生物質や消炎感冒薬、総合感冒薬に対してアレルギー体質を持っている人が発症する可能性があります。
抗生物質や消炎感冒薬、総合感冒薬を飲むたびに、同じような個所に水ぶくれや発疹のような症状が出る場合には、固定薬疹を疑ってみた方がいいでしょう。
アレルギー反応なので、特定の物質と接触をすれば、再発する危険性は高いです。
そうすると、色素沈着を引き起こす可能性があり、患部に黒いあざのような傷跡が残ってしまう可能性もあります。
もし固定薬疹が疑われるようであれば、医療機関できちんとした検査や治療を受けるようにしましょう。
上で紹介したような症状か口唇ヘルペスを発症しているかどうかは、素人が判断をするのは難しいでしょう。
そこで医療機関に行って、きちんとした診察を受けることが重要です。
医療機関に行けば、例えば水ぶくれのできている皮膚や粘膜の所を切り取って、顕微鏡を使ってどのようなウィルスに感染をしているのかをチェックして、病名を判断してくれます。
その他には、ウィルスのたんぱくを検出して判断する方法や血液検査を使って、ヘルぺスウィルスの交代を持っているのかどうかで判断をする方法で診断をします。

オススメワード